コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古来風体抄 コライフウテイショウ

デジタル大辞泉の解説

こらいふうていしょう〔コライフウテイセウ〕【古来風体抄】

鎌倉初期の歌論書。2巻。藤原俊成著。式子(しきし)内親王の依頼により、建久8年(1197)に撰進。再撰本は建仁元年(1201)成立。万葉集から千載集までの秀歌を引用し、その歌風の変遷を示して短評を加えたもの。こらいふうたいしょう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

古来風体抄【こらいふうたいしょう】

古来風体抄(こらいふうていしょう)

古来風体抄【こらいふうていしょう】

鎌倉初期の歌論書。2巻。藤原俊成著。〈こらいふうたいしょう〉とも。1197年初撰本,1201年再撰本が成る。式子内親王の求めにより執筆したとされる。《万葉集》から《千載和歌集》までの歌集から例歌を選び,著者の考える秀歌の基準〈何となく艶にもあはれにも聞ゆること〉を和歌の史的展開の中に例示しようとしたもの。
→関連項目歌論

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こらいふうていしょう【古来風体抄】

〈こらいふうたいしょう〉とも読む。藤原俊成の歌論として唯一のまとまったもの。2巻。式子内親王の依頼によって,1197年(建久8)に著し(初撰本。原本は冷泉家蔵),1201年(建仁1)に再び執筆(再撰本)。《万葉集》から《千載集》までの歌風の変遷を,鑑賞的に歌を批評しつつたどり,《古今集》の歌を本体とすべきことを力説。また,〈幽玄体〉を提唱し,天台宗止観からの影響をうかがわせるなどの点に特色を有する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こらいふうていしょう【古来風体抄】

歌論書。二巻。藤原俊成著。初撰本1197年、再撰本1201年成立。式子内親王の依頼に応じて、歌体の歴史的批評、万葉集や勅撰集からの秀歌例などを記したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の古来風体抄の言及

【歌論】より

…〈心〉の重視を言いつつ,〈詞をかざり詠むべきなり〉とも言って,〈言葉〉の尊重,言語世界の自立をも示唆している点が斬新であった。
【中世】
 中世の最初を飾るのは,藤原俊成《古来風体抄(こらいふうていしよう)》である。式子内親王の依頼によって執筆したもので,成立は1197年(建久8)である。…

【藤原俊成】より

…1203年(建仁3)には後鳥羽院から九十の賀を賜う光栄に浴し,《祇園社奉納百首》詠作を最後に功成り名遂げた生涯を終えた。 この間,1178年(治承2)家集《長秋詠藻》を自撰して守覚法親王に献呈,97年(建久8)には歌論書《古来風体抄(こらいふうていしよう)》を献進(1201年改訂),晩年の和歌観を吐露した。俊成はここで天台止観によそえて和歌の変遷を内観し(最初の和歌史観),浮言綺語(ふげんきぎよ)の和歌が仏法悟得の機縁たりうるという新価値観(狂言綺語観)を提示し,さらに《古今集》を歌の本体と仰ぐ伝統観(古典の定立)を述べる。…

※「古来風体抄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

古来風体抄の関連キーワード式子内親王(しょくしないしんのう)時雨亭文庫古今和歌集勅撰集幽玄歌体

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android