コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

時雨蛤 シグレハマグリ

百科事典マイペディアの解説

時雨蛤【しぐれはまぐり】

むき身にしたハマグリを佃煮風に煮たもの。サンショウまたはショウガのせん切りを加え,醤油,みりん,酒で調味して煮つめる。桑名のものが知られる。なおアサリアカガイカツオ角切りなどでも同様に煮て時雨煮と称する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

しぐれはまぐり【時雨蛤】

蛤のむき身を時雨煮にしたもの。三重県桑名の名産。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

しぐれはまぐり【時雨蛤】


三重県桑名市の郷土料理で、はまぐりのむき身をきざみ、しょうがとともにゆでたあと、たまりじょうゆで煮たもの。

出典 講談社日本の郷土料理がわかる辞典について 情報

世界大百科事典内の時雨蛤の言及

【佃煮】より

…ハゼ,ワカサギ,小エビ,アミ,ウナギ,カツオ,マグロ,ハマグリ,アサリなどの魚貝類,コンブ,ノリなどの海藻,葉トウガラシ,フキ,ゴボウなどの野菜,ときには牛肉なども用いられる。ハマグリのつくだ煮は〈時雨蛤(しぐれはまぐり)〉の名で三重県桑名の名物として知られているが,この時雨蛤という言葉は1750年(寛延3)刊の《料理山海郷》にその名が見え,〈つくだ煮〉よりは古い言葉のようである。また,カツオ,マグロをさいころ形に切って煮たものは角煮(かくに),フキを用いたものは〈伽羅蕗(きやらぶき)〉とも呼ばれる。…

※「時雨蛤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

時雨蛤の関連キーワード日本山海名産図会料理山海郷

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

時雨蛤の関連情報