時雨煮(読み)シグレニ

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

しぐれに【時雨煮】

はまぐり・あさり・かつお・まぐろなどを、しょうがを加えてしょうゆ・砂糖などで煮しめた料理。はまぐりのものが三重・桑名の名物料理として知られる。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

しぐれに【時雨煮】

はまぐりなどのむき身をショウガの薄切りなどを加えて砂糖・醬油で煮た佃煮つくだに。しぐれ。 〔近世、桑名の名産として知られた〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

しぐれに【時雨煮】


はまぐり・あさり・かつお・まぐろなどを、しょうがを加えてしょうゆ・砂糖などで煮しめた料理。はまぐりのものが三重県桑名市の名物料理として知られる。

出典 講談社日本の郷土料理がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

時雨煮
しぐれに

ハマグリの香りを残す佃煮(つくだに)風の煮方をいうのであるが、いまはハマグリ以外の材料を用いても時雨煮といっている。三重県桑名は江戸時代からハマグリが名物であり、「その手は桑名の焼きはまぐり」という俗語が古くから使われている。いまでも、桑名、四日市のハマグリの時雨煮はこの地方の名物になっているが、往年のようにはこの近くの海でハマグリがとれなくなった。しかし独特の調理技術で優秀品がつくられている。[多田鉄之助]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しぐれ‐に【時雨煮】

〘名〙 ハマグリやカキのむき身に、サンショウ、ショウガなどを加えて佃煮にした食品。しぐれ。
※素人庖丁‐初(1803)「蛤具和(はまぐりねぎあへ)〈略〉同時雨煮(シグレニ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

時雨煮の関連情報