コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

普通建設事業 ふつうけんせつじぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

普通建設事業
ふつうけんせつじぎょう

地方財政の経費分類における投資的経費のうち,災害復旧事業失業対策事業を除いたものを一括していう。このなかには地方公共団体が自主的に行う単独事業と政府補助を伴う補助事業がある。具体的には港湾,道路,下水道,学校,保育所など公共施設改良新設のための事業である。 1972年度 (地方財政支出の構成比 39.4%) をピークに低下傾向にあったが,90年度 (同 28.8%) から 94年度 (同 31.9%) にかけて増加傾向に転じた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

普通建設事業の関連キーワード公共事業の推移国庫支出金公共事業費

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

普通建設事業の関連情報