コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

景山竜造 かげやま りゅうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

景山竜造 かげやま-りゅうぞう

1817-1872 幕末の武士。
文化14年4月生まれ。景山粛の子。因幡(いなば)鳥取藩士。昌平黌(しょうへいこう)にはいり,また梁川星巌(やながわ-せいがん)らにまなぶ。のち藩の尚徳館教授となり,文久3年(1863)以降は京都の周旋方をつとめ,藩の対外折衝にあたった。明治5年8月18日死去。56歳。伯耆(ほうき)(鳥取県)出身。名は守正。号は道村,学庵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

景山竜造の関連キーワード日本郵便制度史(年表)モンローキンダー妙心ユング・シュティリングカラジョルジェ・ペトロビッチ西川扇蔵(2世)宇田川榕菴紀行文学グメーリン

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android