コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

景山竜造 かげやま りゅうぞう

1件 の用語解説(景山竜造の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

景山竜造 かげやま-りゅうぞう

1817-1872 幕末の武士。
文化14年4月生まれ。景山粛の子。因幡(いなば)鳥取藩士。昌平黌(しょうへいこう)にはいり,また梁川星巌(やながわ-せいがん)らにまなぶ。のち藩の尚徳館教授となり,文久3年(1863)以降は京都の周旋方をつとめ,藩の対外折衝にあたった。明治5年8月18日死去。56歳。伯耆(ほうき)(鳥取県)出身。名は守正。号は道村,学庵。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

景山竜造の関連キーワードモンロー妙心紀行文学小原鉄心島津久光科学史黒住教対馬藩郵便為替富岡製糸場

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone