コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

景気の二面性 けいきのにめんせい

1件 の用語解説(景気の二面性の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

景気の二面性
けいきのにめんせい

経済の各局面で好景気不景気が共存する状態を指す。 1986年版『経済白書』で用いられた言葉。具体的には,(1) 内外需について,輸出が弱含み,国内需要は緩やかな増加を続けたこと,(2) 内需のうち,企業部門では設備投資の伸びが緩やかになり,在庫投資一進一退となったのに対し,家計部門では消費が着実に増加し,住宅建設も堅調に推移したこと,(3) 産業の景況において,製造業では循環的要因に円高の影響が加わって業況が厳しくなった一方,非製造業企業活動は着実に推移し,景気の変動を安定化させるように働いたこと,などの現象を指す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

景気の二面性の関連キーワード環境要因岩戸景気リセッション踊り場好景気不景気付景気景気減速キチンサイクル景気後退と景気減速

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone