晷針(読み)キシン

大辞林 第三版の解説

きしん【晷針】

〔「 晷 」はひかげの意〕
古代の日時計の一種。台の上に一定の高さの棒を垂直に立て、その影の落ちる方角によって時間を計り、影の長短によって季節および一太陽年の長さを知る装置。日晷儀。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android