コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

晷針 キシン

デジタル大辞泉の解説

き‐しん【×晷針】

《「晷」は日かげの意》古代日時計一種。水平の台の上に一定の高さの柱を垂直に立て、そのの落ちる方角によって時間を計り、影の長短によって季節・1太陽年の長さを知る。日晷儀(にっきぎ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きしん【晷針】

〔「 晷 」はひかげの意〕
古代の日時計の一種。台の上に一定の高さの棒を垂直に立て、その影の落ちる方角によって時間を計り、影の長短によって季節および一太陽年の長さを知る装置。日晷儀。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android