コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

晷針 キシン

デジタル大辞泉の解説

き‐しん【×晷針】

《「晷」は日かげの意》古代日時計一種。水平の台の上に一定の高さの柱を垂直に立て、そのの落ちる方角によって時間を計り、影の長短によって季節・1太陽年の長さを知る。日晷儀(にっきぎ)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きしん【晷針】

〔「 晷 」はひかげの意〕
古代の日時計の一種。台の上に一定の高さの棒を垂直に立て、その影の落ちる方角によって時間を計り、影の長短によって季節および一太陽年の長さを知る装置。日晷儀。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android