コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

智暉 ちくん

2件 の用語解説(智暉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

智暉 ちくん

ちき

智暉 ちき

1717-1785* 江戸時代中期の僧。
享保(きょうほう)2年生まれ。真言宗。播磨(はりま)(兵庫県)の宝蔵寺で出家。京都の智積(ちしゃく)院や山城(京都府)西明寺などでまなび,曇寂(どんじゃく)に師事。律や法相(ほっそう)をおしえた。山城春日(かすが)寺,播磨小山寺をひらいた。天明4年12月15日死去。68歳。播磨出身。字(あざな)は大幻(大玄)。号は空々庵。著作に「大日経疏同異」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

智暉の関連キーワード実聞東湖宇津幸英大塩鼇渚尭州左橋橙雨峰松風夢中夢助了碩弄幻子

智暉の関連情報