コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

智海 ちかい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

智海 ちかい

?-1306 鎌倉時代の僧。
元瑜(げんゆ)らに真言密教の小野,広沢両流を,鎌倉極楽寺の忍性(にんしょう)らに戒律をまなぶ。執権北条貞時(さだとき)の帰依(きえ)をうけ,永仁(えいにん)4年鎌倉覚園(かくおん)寺をひらく。嘉元(かげん)4年4月27日死去。字(あざな)は心慧法号道照。著作に「両部大経教主事(りょうぶだいきょうきょうしゅのこと)」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

智海の関連キーワード山上 ゝ泉覚園寺境内厳中周噩大音智海一宇俊箇大原問答大原談義無為昭元江雪宗立月堂円心覚園寺興然明禅澄豪日源

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

智海の関連情報