コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

智蘊 チウン

5件 の用語解説(智蘊の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちうん【智蘊】

[?~1448]室町中期の連歌師。本名、蜷川新右衛門親当(にながわしんえもんちかまさ)。足利義教に仕え、和歌を正徹(しょうてつ)に学んだ。著「親当句集」。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

智蘊

没年:文安5.5.12(1448.6.13)
生年:生年不詳
室町時代の連歌師。俗名蜷川新右衛門親当。宮道氏の出身で足利義教に仕えたが,義教の死後出家,智蘊と称した。和歌を清巌正徹に学び,『正徹物語』下巻は彼の聞き書きといわれる。連歌では,のちに飯尾宗祇が選んだ連歌七賢のひとりであり,永享5(1433)年『北野社一日一万句連歌』に参加するなど活躍。高山宗砌と共に連歌中興の祖となった。『兼載雑談』にわが子の平凡な付合をひどくしかった逸話があり,常に最も芸術性の高い響きをと心掛け,細やかな神経を句に払っていたことがわかる。文安4(1447)年の『何人百韻』の発句「名も知らぬ小草花咲く川辺かな」は素直な美しさで有名な代表作である。

(伊藤伸江)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ちうん【智蘊】

?~1448) 室町中期の武将・連歌作者。本名、蜷川新右衛門親当ちかまさ。和歌を正徹に学ぶ。連歌七賢の一人。句集「親当句集」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

智蘊
ちうん
(?―1448)

室町中期の連歌(れんが)作者。俗名蜷川新右衛門親当(にながわしんえもんちかまさ)。代々足利(あしかが)氏に仕える武士の家に生まれ、6代将軍義教(よしのり)のもとで右衛門少尉(しょうじょう)に任ぜられたが、義教横死(1441)後出家したらしい。早くから禅宗に帰依(きえ)しており、智蘊という法諱(ほうき)および五岑(ごしん)という道号はともに禅僧から受けた。正徹(しょうてつ)に和歌を学んだ。連歌の師は明らかではないが、1433年(永享5)の「北野万句」参加以降作品が伝存し、宗砌(そうぜい)・忍誓(にんぜい)と並んで活躍した。宗祇(そうぎ)の選んだ七賢の一人。自撰(じせん)句集に『親当句集』があり、『新撰菟玖波集(しんせんつくばしゅう)』『竹林抄(ちくりんしょう)』にも作品が多い。平明で優艶(ゆうえん)な作風が評価されている。[奥田 勲]
『石村雍子著『和歌連歌の研究』(1975・武蔵野書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

智蘊の関連キーワード蜷川智蘊紹九梵灯恵俊信永宗伊蜷川親孝蜷川親当忍誓持政

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone