コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蜷川智蘊 にながわ ちうん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蜷川智蘊 にながわ-ちうん

?-1448 室町時代の幕府官僚,連歌師。
蜷川親俊(ちかとし)の子。政所(まんどころ)公役,京都沙汰人(さたにん)をつとめる。和歌を清巌正徹(せいがん-しょうてつ)にまなぶ。連歌七賢のひとりにかぞえられ,句は「竹林抄」「新撰菟玖波(つくば)集」にある。文安5年5月12日死去。名は親当(ちかまさ)。通称は新右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蜷川智蘊
にながわちうん

[生]?
[没]文安5(1448).5.12.
室町時代の武士,連歌作者。新右衛門親当 (ちかまさ) と称した。室町幕府に政所代として仕えた。和歌を正徹 (しょうてつ) に,連歌を梵灯庵主に学び,一休に参禅。『竹林抄』の連歌七賢の一人。『新撰菟玖波集 (つくばしゅう) 』に 66句入集。句集『親当句集』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

蜷川智蘊の関連キーワード蜷川親当池坊専順蜷川親俊蜷川親元室町時代梵灯庵蜷川氏正徹蜷川智蘊

今日のキーワード

惜敗率

衆議院の選挙制度(小選挙区比例代表並立制)では小選挙区での立候補者を、比例代表区における政党の名簿にも同時に登載することができる。その場合、小選挙区での立候補者の全部(もしくはその一部)を同じ順序にす...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android