コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹林抄 ちくりんしょう

6件 の用語解説(竹林抄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竹林抄
ちくりんしょう

室町時代の連歌集。宗祇 (そうぎ) 撰。一条兼良 (かねら) 序。 10巻。文明8 (1476) 年成立。宗祇が連歌の先達7人を竹林の七賢に擬し,その句を集めたもの。宗砌 (そうぜい) ,宗伊,心敬,行助,専順,智蘊 (ちうん) ,能阿の付句 1500句余,発句 280句余を収める。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちくりんしょう〔チクリンセウ〕【竹林抄】

室町中期の連歌撰集。10巻。宗祇撰。文明8年(1476)成立。中国の竹林の七賢になぞらえて、宗祇が連歌の名匠として選んだ、宗砌(そうぜい)・賢盛(宗伊)・心敬・行助・専順智蘊(ちうん)・能阿の七人の付句・発句を収めたもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

竹林抄【ちくりんしょう】

室町時代の連歌撰集。10巻2冊。宗祇編。1476年成立。当世連歌の先達として,宗砌(そうぜい),賢盛(かたもり),心敬,行助(ぎょうじょ),専順,智蘊(ちうん),能阿(能阿弥)を選び,竹林の七賢に擬し,付句と発句約1800を収める。
→関連項目新撰菟玖波集

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ちくりんしょう【竹林抄】

連歌撰集。宗祇編。1476年(文明8)成立。10巻。宗祇が宗砌(そうぜい),賢盛(宗伊),心敬,行助(ぎようじよ),専順,智蘊(ちうん)(親当),能阿の同時代の先輩連歌師7人の作品から佳句を選んだもの。春夏秋冬恋旅雑および発句に部類。書名は竹林七賢の故事にちなむが,一条兼良の序文によると命名者は宗祇自身とおぼしく,作例の範を自他のためにのこそうとした編集意図がうかがえる。連歌の隆盛期において宗祇にも影響を与えた代表的名手の作品集として,連歌史上独自の価値をもつばかりでなく,宗祇を研究するうえにも重要。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ちくりんしょう【竹林抄】

〔竹林の七賢にちなむ名〕
連歌撰集。一〇巻。宗祇撰。一条兼良序。1476年成立。宗祇が連歌復興期の先達と仰ぐ、宗砌そうぜい・賢盛(宗伊)・智蘊ちうん・心敬しんけい・専順・能阿・行助の七人の付句・発句を収録。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

竹林抄
ちくりんしょう

室町中期の連歌撰集(れんがせんしゅう)。宗祇(そうぎ)編。1476年(文明8)成る。宗祇が「近き世」の連歌の名匠たちとして選んだ、宗砌(そうぜい)、宗伊(そうい)(杉原賢盛(かたもり))、心敬(しんけい)、行助(ぎょうじょ)、専順(せんじゅん)、智蘊(ちうん)(蜷川親当(にながわちかまさ))、能阿(のうあ)の7人を、中国の竹林の七賢になぞらえて、その作品を収集編纂(へんさん)したもの。諸本により出入りがあるが、もっとも多い本で総句数1837句(うち発句288句)。採録句数のとくに多いのは、心敬、宗砌、専順。一条兼良(かねら)が序を寄せて成立事情を述べている。句の傾向は宗祇好みの幽玄有心(ゆうげんうしん)を中心とするとされるが、非貴族的な地下(じげ)連歌独特の強い調子のものも少なくない。[奥田 勲]
『星加宗一編『校本竹林抄』(1937・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

竹林抄の関連キーワード池坊専順宗祇杉原宗伊犬筑波集私撰集新撰菟玖波集恵俊宗伊宗般日与

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone