暗号解読(読み)あんごうかいどく(英語表記)Chiffrelesen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「暗号解読」の解説

暗号解読
あんごうかいどく
Chiffrelesen

ヤスパースの用語。ヤスパースは実存哲学を,包越者 Das Umgreifendeを対象とする形而上学でなければならないとするが,包越者は客観的対象としてはとらえられない暗号文字として実存にのみ現れる。人間は現存在として歴史的,社会的,その他あらゆる制約の必然性のもとにあり,これらは自由に実存しようとする者にとって必然的な状況,すなわち死,苦悩,闘争,責任などの限界状況 Grenzsituationとなる。この状況にぶつかって挫折し,それに耐える覚悟が実存であり,実存相互の交わり Kommunikationのただなかで,この状況の必然性は,自己と世界を包みこえる超越的存在の暗号をあらわす。実存は自由において理性をもってこの暗号を解読することによって超越的存在に出会うとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android