コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

限界状況 げんかいじょうきょう Grenzsituation

3件 の用語解説(限界状況の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

限界状況
げんかいじょうきょう
Grenzsituation

ドイツの哲学者カールヤスパースの用いた哲学概念で,人間存在を限界づける状況の意。「極限状況」とも訳される。『哲学入門』 (1950) では,死,苦悩,争い,偶然,罪などが限界状況として考えられ,これら限界状況の経験はわれわれを絶望のなかに突落すが,しかしわれわれは絶望に直面したときに初めて真の自分となることができ,包越者 das Umgreifendeが現れ出るとされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

げんかい‐じょうきょう〔‐ジヤウキヤウ〕【限界状況】

ヤスパースの実存哲学における重要概念。人間存在としての実存が避けることのできない死・苦悩・争い・罪などに直面している状況。極限状況。
従来の環境への適応手段が、全く役立たなくなった状況。環境の変化が大きすぎて、社会的に慣習化された適応手段による処理が、不可能になったとき起こる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

げんかいじょうきょう【限界状況】

ヤスパースの実存哲学の用語。平素は無自覚であるが、生きている限り不可避的にそれに直面するしかない状況。死・苦悩・闘争・罪責など。この根源的な場面を通して、人は自己の実存に覚醒するとされる。極限状況。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

限界状況の関連キーワードエルトマンドイッセン西ドイツパウルゼンヤコービヤスパースドイツの小さな町岩崎勉樫山欽四郎薗田坦

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

限界状況の関連情報