曝気(読み)ばっき(英語表記)aeration

  • ×曝気
  • ばくき
  • ばっき バク‥
  • ばっき〔バク〕

翻訳|aeration

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生物酸化による下水処理を行う際,好気性微生物を主体とする活性汚泥を育てたり,その活性度を維持するためには,常に十分な溶存酸素を与える必要がある。この作業を曝気という。多種の曝気装置が考案されているが,原理的には,散気板や散気管を曝気槽中に設け,圧縮空気を送る散気式 (気泡式) と,水車や翼車を使って機械的攪拌を行う表面曝気式との2つがある。いずれの場合にも,活性汚泥との混合率,曝気時間,BOD負荷などの条件が重要である。 (→活性汚泥槽 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android