コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曝気 ばっきaeration

翻訳|aeration

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

曝気
ばっき
aeration

生物酸化による下水処理を行う際,好気性微生物を主体とする活性汚泥を育てたり,その活性度を維持するためには,常に十分な溶存酸素を与える必要がある。この作業を曝気という。多種の曝気装置が考案されているが,原理的には,散気板や散気管を曝気槽中に設け,圧縮空気を送る散気式 (気泡式) と,水車や翼車を使って機械的攪拌を行う表面曝気式との2つがある。いずれの場合にも,活性汚泥との混合率,曝気時間,BOD負荷などの条件が重要である。 (→活性汚泥槽 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ばっ‐き〔バク‐〕【×曝気】

空気にさらすこと。特に、下水処理で、微生物が有機物を分解するのに必要な酸素を供給するために、空気を吹き込んだり攪拌(かくはん)したりすること。気曝(きばく)。→エアレーション

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ばっき【曝気】

廃水処理で、空気の吹き込みや攪拌かくはんなどをして、液中に酸素を供給すること。有機汚濁物質を分解する微生物の働きを促す。エアレーション。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

曝気の関連キーワードジャーファーメンターエアレーションタンクミネラルウォーターエアチャンバー給排水設備活性汚泥法廃水処理液体酸素浄化槽廃油

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

曝気の関連情報