曲水の豊明(読み)めぐりみずのとよのあかり

精選版 日本国語大辞典の解説

めぐりみず【曲水】 の=豊明(とよのあかり)[=宴(えん)

昔、宮中や公卿の邸で、三月三日の上巳の節供に行なわれた遊宴の一つ。曲水の上流から流される杯が自分の前を通り過ぎないうちに詩歌を詠じた遊び。曲水(きょくすい・ごくすい)の宴。
※書紀(720)顕宗元年三月(図書寮本訓)「三月の上(かむ)の巳(みのひ)に、後苑(みその)に幸して、曲水宴(メクリミツノトヨノアカリ)きこしめす」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android