コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

書会 しょかいshū huì

世界大百科事典 第2版の解説

しょかい【書会 shū huì】

中国の宋・元時代,都市経済の発達により,大都会の盛場の劇場や寄席では,芝居,講談,漫才,その他の演芸がさかんに演じられたが,それらの芝居や演芸の作者を〈才人〉といい,才人の組織した同業者組合を〈書会〉とよんだ。当時の戯曲小説には,個人の創作ではなく,書会による集団的創作であったものがかなりあり,のちの小説《水滸伝》なども,元来は書会によってまとめられたと考えられる。書会は単に創作だけでなく,流行作品の改作をも手がけ,書会間の競争も激しかったらしい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の書会の言及

【元曲選】より

…もちろん,そのための行過ぎや独断的な改ざんによる過誤も免れず,また明代人の作品若干編を収めたことに対する非難もあるが,元曲の傑作はここに網羅され,ともかくも校訂がゆきとどいて鑑賞にたえる元曲テキストとして,現在に至るまで広範な読者をもつ。その最大の功労は,当時の文人たちには蔑視されがちであった,おそらくは芸能作家組織である〈書会〉に属する無名氏の作品の多くを,散逸寸前に救出した点にあるだろう。それらは,口語を基調としながら庶民の哀歓を生き生きと描き,元曲の特徴の一環を形成するからである。…

【雑劇】より

…彼らの一部が劇作に投じ,その憤りを制作欲にかえたという明人の説も,十分な可能性をもつ。演劇の脚本など民衆を対象とする芸能文学は,主に〈書会〉という組織に属する無名人の手に成り,一種の共同制作でもあるために,伝統文学と異なり,作者名は埋没するのが常だった。元雑劇に至ると,作者未詳の作品のほかに,より多くの作品が作者名を伝え,なかには少なからぬ名士さえまじる。…

※「書会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

書会の関連キーワード「集団自決」をめぐる教科書の記述集団自決をめぐる教科書検定早寝早起き朝ごはん運動教科書会社の営業ルールロビン スウィコード東京都近代文学博物館ニコラス ベネシュ今井太郎右衛門講談社[株]戸田 慎太郎山辺 清太郎児童サービスフランクリン児童図書館公共図書館ゼロックス森近 運平日下部鳴鶴神代 峻通高橋 彰一

書会の関連情報