コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

温州 オンシュウ

デジタル大辞泉の解説

おんしゅう〔ヲンシウ〕【温州】

中国浙江(せっこう)省南東部の港湾都市。甌江(おうこう)河口にあり、木材・茶・柑橘(かんきつ)類の集散地。ウエンチョウ。うんしゅう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

温州【おんしゅう】

中国,浙江省南部の港湾都市。旧名永嘉。甌江(おうこう)流域の物産を集散する。商工業が発達し,皮革製品,木彫などの手工芸品を産し,茶,ミカン類,木材などを輸出する。
→関連項目市舶司

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おんしゅう【温州 Wēn zhōu】

中国,浙江省南東部にある市。人口112万(1994)。省直轄市で,海岸より甌江(おうこう)を20km余さかのぼった南岸にある港湾都市。付近の農産の集積地で,海路で上海・広州などと結ばれるほか,機械工業,工芸生産の基地でもある。ミカン,水牛,生糸,塑像,木彫などが特産品として有名。後漢の時,永寧県が置かれ,その後永嘉と改められ,晋の永嘉郡,唐の温州の治所として中国東南海岸で有数の都市であった。1876年(光緒2)の芝罘(チーフー)条約で開港されたが,位置的地形的条件から近代都市としての発達は遅れた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

うんしゅう【温州】

おんしゅう【温州】

中国、浙江せつこう省の東シナ海に面する港湾都市。甌江おうこう流域の茶・ミカンなどの集散地。うんしゅう。ウェンチョウ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

温州
おんしゅう / ウェンチョウ

中国、浙江(せっこう)省南東部の地級市。東シナ海に面する温州湾の奥、甌江(おうこう)の河口に位置する。人口813万7000(2014)。4市轄区、5県を管轄し、2県級市の管轄代行を行う(2016年時点)。漢代の初めは東甌(とうおう)国の地で、のちに永嘉(えいか)郡とよばれ、後漢(ごかん)には永寧(えいねい)県が置かれ、隋(ずい)代に永嘉と改名された。唐代には温州の、宋(そう)代は瑞安(ずいあん)府の、明(みん)・清(しん)代は温州府の治所であった。1949年永嘉県から分離して温州市が設置された。
 1876年芝罘(チーフ)条約により開港されたが、それ以前にも浙江産の茶の独占輸出港として一時繁栄した。いまは沿岸航路汽船の起点であるが、民船はさらに甌江をさかのぼり、北西約100キロメートルの麗水(れいすい)市まで達している。浙江省南東部における木材、茶、アサ、柑橘(かんきつ)類、ブタなどの集散地となっている。
 手工業が発達し、「甌塑(おうそ)」「甌綉(おうしゅう)」の名の磁器と織布が有名である。改革開放以降、同市の靴、アパレル産業が勃興し、民営企業が著しい発展を遂げた。1984年には沿海対外開放14都市の一つに指定されている。温福線(温州―福州(ふくしゅう))の起点、甬台温(ようだいおん)線(寧波(ニンポー)―台州(だいしゅう)―温州)、金温線(金華(きんか)―温州)、金麗温線(金華―麗水―温州)の終点。なお金温線は、中国本土と香港(ホンコン)の共同出資で建設された国内初の鉄道である。温州湾岸には温州竜湾国際空港がある。北雁蕩山(ほくがんとうさん)、江心嶼(こうしんしょ)など、名勝・奇勝が多い。[林 和生・編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

温州 (ウンシュウ)

植物。ミカン科の常緑低木,園芸植物,薬用植物。ウンシュウミカンの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

温州の関連キーワードウンシュウミカン(温州蜜柑)和歌山のみかんシャーベットい・ろ・は・す みかん白バラミックスフルーツ国産温州みかん100%朝食みかんヨーグルトスイートスプリングmandarim権兵衛みかんおおいた早生三ヶ日みかん肥のあけぼのかごしま早生河内(熊本)ウェンチョウみかんぼうやおれんじーず南紀みかん大畠[町]蒲郡みかん

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

温州の関連情報