書閣(読み)ショカク

精選版 日本国語大辞典の解説

しょ‐かく【書閣】

〘名〙 (「閣」はものをしまっておく所の意)
書物棚。書棚。書架。〔皮日休‐秋晩訪李処士所居詩〕
書斎。書楼。
※凌雲集(814)和進士真生初春過菅祭酒宅悵然傷懐蕑布臣藤三秀才作〈嵯峨天皇〉「書閣閑来各変春、梅花独笑向啼人」 〔孟浩然‐宴張記室宅詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android