コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曹士蔿 そうしい Cáo Shì wěi

1件 の用語解説(曹士蔿の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

そうしい【曹士蔿 Cáo Shì wěi】

中国,唐代の天文学者。生没年不詳。大中大夫を歴任し,建中年間(780‐783)に従来の暦法をかえて《符天暦》を編んだ。上元積年の法を廃止して660年(顕慶5)の雨水を暦元とする近距法を用い,1回帰年を365日+2448/10000日とする万分法を導入したもので,こうした方法は五代の調元暦,元の授時暦に採用された。九曜(日月五星と羅睺(らご),計都)の位置が計算され,占星術に使われた。符天暦は官暦には採用されず小暦と卑しめられたが,民間では広く行われ,日本にも輸入されて宿曜師が用いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

曹士蔿の関連キーワード日観因陀羅尉遅乙僧荊浩呉道玄張旭バッターニープトレマイオス劉徽道邃

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone