コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九曜 くよう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

九曜
くよう

古代インド天文学における九個の天体の名。七曜に日月食を起す触星のラーフ星とケートゥ星の2つを加えたもの。インドの暦に立てる一種の暦象で,当日の吉凶の占いに使う。ヒンドゥー教では尊重されており,そのおのおのに該当する神像寺院に安置されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くよう【九曜 jiǔ yào】

日(太陽)と月(太陰)に,火(熒惑(けいわく)),水(辰星),木(歳星),金(太白),土(塡星・鎮星)の五惑星を合わせた七曜(耀とも書く)に,インド天文学における白道と黄道の交点にあたる昇交点の羅(らごう)Rahuと降交点の計都(けいと)Ketuの二つを合わせたものをいう(計都の方は月の近地点だとする解釈もある)。《書経》舜典などに見えるように,七曜はまた七政ともよばれ,両方の呼称が並び用いられたが,唐代の密教の経典《宿曜経》などには七曜が使用されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

くよう【九曜】

「九曜星」の略。
家紋の一。一個の円の周囲に八個の小円を配した紋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

九曜の関連キーワード北斗七星法中野 菊夫米光 光正北斗曼荼羅五曜の星七曜の星金剛右京軍配団扇星曼荼羅宿曜道羅睺星肥後派曹士蔿九執暦林又七計都星占星術すばる家紋小円

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

九曜の関連情報