コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曹知白 そうちはくCao Zhi-bai

2件 の用語解説(曹知白の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

曹知白
そうちはく
Cao Zhi-bai

[生]咸淳8(1272)
[没]至正15(1355)
中国,元の文人画家。華亭 (江蘇省) の人。字は又元,別字は貞素,号は雲西。一時官途についたが,水利の専門家として灌漑事業などにより巨富を築き,豪奢な生活と文人画家らのパトロンとして数々の逸話を残した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

曹知白【そうちはく】

中国,元代の文人画家。字は又元,貞素。雲西と号す。北宋の李成郭煕(かくき)の画風をくんで山水を描いた。北宋の馮覲(ふうきん)にならったとも伝える。作品《群峰雪霽図》。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の曹知白の言及

【山水画】より

… 続く元の時代は,その意味で,自己の伝統を伝統として自覚し再把握すべき時期であった。300年以上も前の五代・北宋初の画家董源,巨然に範を求め,山水表現と造形素材それ自体のもつ効果とを拮抗させて作りだす美的可能性をある極限にまで高めた元末四大家,黄公望,呉鎮,倪瓚(げいさん),王蒙や,百数十年にわたる南宋・金対立時代を飛びこえて北宋の李成,郭熙らの達成した精緻な空間表現に回帰しようと試みた,曹知白(1272‐1355),朱徳潤ら元代李・郭派に属する画家たちはもちろん,南宋画院の流れをくむ画家たちにとってもそれは同様である。いやむしろ,元代からさらに明代中期までは,北宋華北山水画から南宋院体画風をも含めたより幅広い伝統によった,元の四大家以外の系統の画家たちの方が山水画壇の中でより大きな位置を占める一方,明代も中期以後になって,元の四大家につながる画家たちが勢力を増してくる。…

※「曹知白」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

曹知白の関連キーワード本願寺名越時章メラミン混入粉ミルク事件Edward the Confessor開目鈔本願寺エドワード[1世]仙覚二月騒動西本願寺

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone