コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曾我廼家五郎八(読み)そがのや ごろはち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

曾我廼家五郎八 そがのや-ごろはち

1902-1998 大正-平成時代の俳優。
明治35年2月25日生まれ。野球部員として新国劇にスカウトされたが,大正10年三島健之助の芸名舞台にたつ。昭和14年曾我廼家五郎一座にはいり,五郎八とあらためる。23年松竹新喜劇に参加,ボケ役をつとめた。41年フリーとなり,舞台,映画,テレビで脇役として活躍。平成10年1月20日死去。95歳。大阪出身。本名は西岡幸一。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の曾我廼家五郎八の言及

【松竹新喜劇】より

…旗揚げのプログラムは茂林寺文福(もりんじぶんぷく)こと曾我廼家十吾(そがのやとおご)(1892‐1974)と館直志(たてなおし)こと渋谷天外合作《丘の一本杉》,和老亭当郎(わろうていとうろう)こと曾我廼家十郎作《手》,一堺漁人(いつかいぎよじん)こと曾我廼家五郎作《嵯峨野の雪》ほかであった。参加メンバーには渋谷天外,曾我廼家十吾,浪花(なにわ)千栄子(1907‐73),藤山寛美(かんび)(1929‐90),曾我廼家大磯,曾我廼家明蝶(めいちよう),曾我廼家五郎八,曾我廼家鶴蝶(つるちよう)らがいる。松竹新喜劇結成のきっかけは,喜劇王といわれていた曾我廼家五郎(曾我廼家劇)が48年11月に他界したことにあった。…

※「曾我廼家五郎八」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android