コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曾我近祐 そが ちかすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

曾我近祐 そが-ちかすけ

1605-1661 江戸時代前期の武士。
慶長10年生まれ。曾我古祐(ひさすけ)の子。幕臣。西丸小姓組から書院番にすすみ,のち因幡(いなば)鳥取藩へ派遣され目付代をつとめる。先手頭(さきてがしら)ののち,明暦4年父にかわり大坂西町奉行となった。寛文元年9月13日死去。57歳。通称は権左衛門,又左衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

曾我近祐の関連キーワードレオ11世フョードル2世パスカル(Blaise Pascal)隠元アクバル慶長の大地震ボリスゴドノフグスマン徳川秀忠アクバル

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android