コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曾樸 そうぼくZeng Pu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

曾樸
そうぼく
Zeng Pu

[生]同治11(1872)
[没]1935
中国,清末民国初の小説家,翻訳家。江蘇省常熟の人。字,孟樸。光緒 17 (1891) 年挙人に合格,官職につく一方,同文館フランス語を学び外交官を志したが失敗。戊戌の政変後辞職して,上海で雑誌『小説林』を創刊,みずからも政治小説を書いた。代表作『げっ海花 (げっかいか) 』 (1905~07,27改訂) は,清末の政治家,軍人,文学者妓女などをモデルに当時の社会相を浮彫りにしたもの。ほかに小説『魯男子』,またフランス文学の翻訳や随筆がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そうぼく【曾樸 Zēng Pǔ】

1871か72‐1935
中国,清末・民国初のジャーナリスト,小説家。江蘇省常熟の人。字は孟樸,筆名は東亜病夫。科挙の会試に失敗して北京の同文館でフランス語を学び,1906年(光緒32)に小説林社を設立。前後して小説《孽海花(げつかいか)》を書き始める。27年に真美善社を設立。自伝的小説《魯男子》もあるが未完。フランス文学を学びながら,旧小説の枠を打破できなかったという限界があった。【中野 美代子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の曾樸の言及

【孽海花】より

…第1~6回は金松岑(きんしようしん)の作。曾樸があとをうけて1905‐30年(光緒31‐民国19)に断続的に発表。全35回,未完。…

※「曾樸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

曾樸の関連キーワード【げっ】海花3月1日

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android