コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孽海花 げっかいかNiè hǎi huā

世界大百科事典 第2版の解説

げっかいか【孽海花 Niè hǎi huā】

中国,清末・民国初の長編小説。第1~6回は金松岑(きんしようしん)の作。曾樸があとをうけて1905‐30年(光緒31‐民国19)に断続的に発表。全35回,未完。清末の名妓賽金花(さいきんか)をモデルに,舞台を欧州にまで広げたロマネスクを中心として,政界・学界の内幕や革命前夜の胎動などを並行して描き,清末社会の全体像を浮かびあがらせた,清末小説の傑作の一つ。書名は,〈孽海(わざわいのうみ)に咲く花(名妓)〉の意。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海花
げっかいか

中国、清(しん)末の長編小説。曽樸(そうぼく)作。当初は60回の構想であったが、1905年(光緒31)から数回に分けて雑誌などに発表、30回で中断し、28年三十回本にまとめられた。禍(わざわい)の海の花という名をもつ本書は、戦争、革命といった騒然とした清末の政界を背景に、実在人物をモデルとして、状元(じょうげん)に合格した金(きんいん)(実は洪鈞(こうきん))が、妓女(ぎじょ)出身の妾(めかけ)傅彩雲(ふさいうん)(実は賽金花(さいきんか))を連れてドイツに外交官として赴任し、帰国後病死するまでを、彩雲の情事などを絡めて描いたもの。当時の腐敗した社会に対する進歩的批判がうかがわれ、清末譴責(けんせき)小説の傑作の一つとされる。[桜井幸江]
『松枝茂夫訳「海花」(『中国現代文学選集1 清末・五四前夜集』所収・1963・平凡社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の孽海花の言及

【賽金花】より

…こうして綏遠(すいえん)事件以来,抗日の声が高まるなかで,義和団事件の講和に尽力した賽金花は救国の英雄にまつりあげられ,夏衍や熊仏西の戯曲が作られた。ほかに彼女をモデルにした曾樸の小説《孽海花(げつかいか)》(1928)が名高い。【春名 徹】。…

※「孽海花」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報