コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最上忠右衛門 もがみ ちゅうえもん

1件 の用語解説(最上忠右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

最上忠右衛門 もがみ-ちゅうえもん

1826-1905 幕末-明治時代の染色家。
文政9年生まれ。出羽(でわ)横手町(秋田県)の人。藍(あい)染めの型付けのりにもち米の代用として粘土の使用を工夫研究し,染め上がりをよくした。明治20年宮城県仙台にうつり,この技法を同業者にもひろめる。染め物は常盤紺形とよばれ,仙台の特産物となった。明治38年4月24日死去。80歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

最上忠右衛門の関連キーワードギムザ染色槐安丹摺り過ヨウ素酸シッフ染色三染色体性雨宮越哉海之屋広志小田長四郎(2代)斎藤宇兵衛広瀬治助

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone