コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最上忠右衛門 もがみ ちゅうえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

最上忠右衛門 もがみ-ちゅうえもん

1826-1905 幕末-明治時代の染色家。
文政9年生まれ。出羽(でわ)横手町(秋田県)の人。藍(あい)染めの型付けのりにもち米の代用として粘土の使用を工夫研究し,染め上がりをよくした。明治20年宮城県仙台にうつり,この技法を同業者にもひろめる。染め物は常盤紺形とよばれ,仙台の特産物となった。明治38年4月24日死去。80歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

最上忠右衛門の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android