最上忠右衛門(読み)もがみ ちゅうえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

最上忠右衛門 もがみ-ちゅうえもん

1826-1905 幕末-明治時代の染色家。
文政9年生まれ。出羽(でわ)横手町(秋田県)の人。(あい)染めの型付けのりにもち米代用として粘土の使用を工夫研究し,染め上がりをよくした。明治20年宮城県仙台にうつり,この技法を同業者にもひろめる。染め物は常盤紺形とよばれ,仙台の特産物となった。明治38年4月24日死去。80歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android