コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最低資本金制度 さいていしほんきんせいど

2件 の用語解説(最低資本金制度の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

最低資本金制度

株式会社を設立するには1000万円、有限会社を設立するには300万円の資本金を用意することを求めた制度。もとは会社の債権者の権利を保護するために制定されたもので、株主等への最低限の責任として用意させたのが最低資本金にあたる。しかし、会社法の変更により、株式会社制度と有限会社制度が統合、これまでの最低資本金制度は廃止され、資本金1円から会社設立登記ができるようになった。これによりいわゆる「起業」がより容易となり、意欲的な若い事業者や既存の枠にとらわれない新しい事業の創成を促進している側面もある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

最低資本金制度
さいていしほんきんせいど

会社の設立に際して必要な資本金の最低額を設けた制度。2005年廃止。会社の債権者保護の観点から会社はその事業に見合った資本を要する。1990年改正商法は物的会社である株式会社について初めて最低資本金制度を導入し 1000万円を(2005年改正前商法168条ノ4),有限会社についてはそれまでの 10万円から引き上げて 300万円を(有限会社法9〈2005廃止〉),それぞれ一律の最低資本金とした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

最低資本金制度の関連キーワード株式移転有限会社株式会社ジェイアイエヌ合弁マルミヤストア創業/設立電通[株]グローバル住販エイワニュー・オータニ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

最低資本金制度の関連情報