コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最高枢密院 さいこうすうみついんVerkhovnyi tainyi sovet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

最高枢密院
さいこうすうみついん
Verkhovnyi tainyi sovet

1726~30年にロシアで設置,活動した最高国家機関。エカテリーナ1世のときにつくられ,構成員は A.D.メンシコフらの大官7人で,ピョートル1世 (大帝) 以来の功臣が多く,形式的には皇帝の諮問機関であったが,実際には諸省の上に立つ国政運営の最高機関であった。名門貴族を中心に皇帝権力制限の企図をみせたため,アンナ・イワーノブナ帝即位とともに廃止された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

最高枢密院の関連キーワードアンナ・イワノブナドルゴルーキー家エカテリーナゴリツィン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android