コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月岡温泉 つきおかおんせん

日本の地名がわかる事典の解説

〔新潟県〕月岡温泉(つきおかおんせん)


新潟県北東部の新発田(しばた)市、五頭(ごず)連峰の北西麓(ほくせいろく)にわく行楽向きの温泉。大正期に石油掘削のさいに湧出(ゆうしゅつ)し、歓楽温泉に発展。「新潟の奥座敷」といわれる。近くにアジア民芸館を併設したカリオンパークや動物園がある。含硫黄-ナトリウム-塩化物泉。泉温50℃。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

月岡温泉
つきおかおんせん

新潟県新発田(しばた)市月岡にある温泉。五頭(ごず)連峰県立自然公園西麓(ろく)に位置する。1915年(大正4)石油井戸掘削で噴出した温泉で、泉質は硫黄泉。温泉街の西北には観光公園の月岡カリオンパーク(1992年設立)があり、新潟市からの日帰り行楽地となっている。JR羽越(うえつ)本線月岡駅からバスで5分。[山崎久雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

月岡温泉の関連キーワード新潟県新発田市豊浦(新潟県)新発田(市)豊浦[町]

月岡温泉の関連情報