月日の山(読み)つきひのやま

精選版 日本国語大辞典「月日の山」の解説

つきひ【月日】 の 山(やま)

大嘗会(だいじょうえ)などの時、悠基(ゆき)・主基(すき)の両国の国司が奉仕して立てるしるしの山。山の作り物に日像や月像を立てて飾ったことによる。
※栄花(1028‐92頃)著るは侘しと嘆く女房「大嘗会、例の月日の山引き、あやしの者まで、青摺りに赤紐なまめかしうて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android