コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有害腸内細菌 ゆうがいちょうないさいきん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

有害腸内細菌
ゆうがいちょうないさいきん

腸内に存在する細菌のうち、人体に有害な影響をもたらすものをさす。俗に悪玉菌とよばれることもある。
 腸管内に常在する多くの微生物群を腸内フローラ(腸内細菌叢(そう))とよび、これらは相互に関係しあって腸内環境を整えるように働くが、このバランスが崩れると健康を損なう原因となる。有害腸内細菌の代表にはウェルシュ菌(クロストリジウム属Clostridium)や病原性大腸菌などがある。これらはタンパク質から腐敗物質を産生する菌群で、悪臭のもととなると同時に、肌荒れ、便秘、下痢、さらには生活習慣病をもたらす原因ともなる。また、加齢に伴って増えていき、老化の促進にもつながる。
 これに対して、健康の維持や増進に寄与する物質をつくりだす有用腸内細菌、通常はほとんどヒトの体に影響を及ぼさない日和見(ひよりみ)菌がある。日和見菌は有用腸内細菌優位であればこれを助けるように働くが、有害腸内細菌優位となるとヒトの健康を害する働きをおこす。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

有害腸内細菌の関連キーワード便微生物移植

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android