病原性大腸菌(読み)びょうげんせいだいちょうきん(英語表記)pathogenic E. coli

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

病原性大腸菌
びょうげんせいだいちょうきん
pathogenic E. coli

大腸菌のなかでも下痢や腸炎などの原因となるものを特に病原性大腸菌という。グラム陰性で嫌気性の桿菌。ブドウ糖を発酵によって分解して酸とガスをつくり,大多数の菌は乳糖を分解する。O,KおよびH抗原によって血清型で分けられる。腸管の粘膜細胞を破壊する腸管侵襲性大腸菌,腸内で毒素を産生する腸管毒素原性大腸菌などがある。通常,大腸菌はヒトや動物の腸内に存在する細菌であるが,なかにはO-157のようにベロ毒素をつくりだし,腹痛,高熱,嘔吐を引き起こすものもある。また発病後,1~2日後から鮮血を伴う出血性下痢となることもあるが,多くは発病後4~8日ほどで治癒する。まれに乳児,幼児,小児や高齢者では重症化し,溶血性尿毒症症候群となり死にいたることがある。 1982年,アメリカで起きたハンバーガー食中毒事件で初めて検出された腸管出血性大腸菌もその一種である。 1990年,埼玉県浦和市 (現さいたま市) の幼稚園で発生した集団下痢では,この菌による溶血性尿毒症症候群で園児2人が死亡した。このケースでは飲料用井戸水から原因菌が検出されたが,多くは食物から感染する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

病原性大腸菌

本来、大腸菌は腸管の中に生息していて、病気を起こすことはない。しかし、特に病原性が強くて下痢症の原因となるものがあり、これを下痢原性大腸菌という。さらにこの中には、腸管病原性大腸菌、腸管侵入性大腸菌、腸管毒素原性大腸菌、腸管出血性大腸菌がある。1996年夏、腸管出血性大腸菌O157による感染症が流行し、死者が出た。腸管出血性大腸菌に感染すると、菌が出すベロ毒素によって、血の混ざった下痢便が見られる。ウシ、ブタなどが保菌しており、その糞便などに汚染された肉類や、2次汚染された食品を介してヒトに感染するものと思われる。幼児や高齢者が発病しやすい。溶血性尿毒症症候群や脳症になると、致命的になることもある。この菌は75℃の熱で数分間で死滅するので、食品を十分加熱することで予防できる。

(今西二郎 京都府立医科大学大学院教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

百科事典マイペディアの解説

病原性大腸菌【びょうげんせいだいちょうきん】

生化学的性質および学名は大腸菌だが,食中毒を引き起こす菌種をいう。腸管侵襲性大腸菌,腸管毒素原性大腸菌,病原血清型大腸菌,腸管出血性大腸菌の4種類に大別される。発症のメカニズムや症状は多少異なるが,いずれも飲食物によって媒介され,通常,下痢,発熱,ときに血便を見る。
→関連項目O-157食中毒

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

びょうげんせいだいちょうきん【病原性大腸菌】

大腸菌のうち特定の抗原を持ち、ヒトや動物の腸管に感染して下痢の原因となるもの。飲食物によって媒介されるが、熱に弱い。 O - 157 はその代表的なもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

病原性大腸菌の関連情報