コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

応和 オウワ

デジタル大辞泉の解説

おうわ【応和】

平安中期、村上天皇の時の年号。961年2月16日~964年7月10日。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おうわ【応和】

年号(961.2.16~964.7.10)。天徳の後、康保の前。村上天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

おうわ【応和】

日本の元号(年号)。平安時代の961年から964年まで、村上(むらかみ)天皇の代の元号。前元号は天徳(てんとく)。次元号は康保(こうほう)。961年(天徳5)2月16日改元。御所の火災の凶事を断ち切るためと、961年が天命が改まる年(王朝が交代する革命の年)とされる辛酉(しんゆう)にあたることから、辛酉革命を理由として改元が行われた。『晋書(しんじょ)』を出典とする命名。961年(応和1)、村上天皇は新造の内裏に遷っている。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

世界大百科事典内の応和の言及

【元号】より

…災異改元は,奈良時代には恵美押勝の乱や凶作などを理由に行われた天平神護の改元(765)の一例があるが,これがしきりに行われるのは水災・疾疫による延長の改元(923)からで,以後地震,暴風,火災,飢饉,兵乱その他災異による改元がしばしば行われ,江戸時代にまで及んでいる。次に辛酉および甲子の年の改元は,901年(昌泰4)の辛酉の年に当たり,讖緯説の辛酉革命,甲子革令の思想に基づき改元の必要を説く文章博士三善清行の意見(意見十二箇条)によりこの年を延喜と改元したのが始まりで,次の辛酉の年961年(天徳5)に応和と改元したのについで,964年(応和4)の甲子の年には康保の改元が行われ,以後若干の例外はあるが,江戸時代の末に至るまで辛酉および甲子の年には改元するのが恒例となった。
[改元の手続]
 それでは改元はどのような手続によって行われるであろうか。…

※「応和」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

応和の関連キーワード多武峰少将物語法蔵(2)緝子内親王選子内親王覚慶(1)六波羅蜜寺有明親王藤原貴子慶滋保胤大江維時応和宗論般若寺茶東三条院具平親王高岳相如藤原安子藤原道兼藤原惟憲小槻奉親藤原能子

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android