有財餓鬼(読み)ウザイガキ

デジタル大辞泉の解説

うざい‐がき【有財餓鬼】

飢えに苦しむ餓鬼の中で、物を食することのできる餓鬼。膿(うみ)・血などを食う小財餓鬼と、人の食い残しや、祭祀(さいし)などで捨てられた物を食う多財餓鬼とをいう。⇔無財餓鬼
財産を多く持ちながら、欲深い人。守銭奴。
「銀持ちながら一生遊山嫌ひの―」〈浮・子息気質・三〉
人をののしっていう語。がき。
「最前手並は見せ置いたに、性懲りもなき―」〈浄・蘆屋道満

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うざいがき【有財餓鬼】

飢えてはいるが、一定の食物にありつける餓鬼。 ⇔ 無財餓鬼
財貨をたくさんもっていながら欲の深い人。 「其の心は貧僧より遥かに浅ましき-といふものなり/浮世草子・好色敗毒散」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うざい‐がき【有財餓鬼】

〘名〙
① 仏語。常に飢渇に苦しむという餓鬼の中で、物を食することのできる餓鬼。膿血などを食する小財餓鬼と、食べ残しや祭饗(さいきょう)の余りを食する多財餓鬼とがあるとされる。源信「三界義」に説く。
※虎寛本狂言・宗論(室町末‐近世初)「無い物を有る有ると思ふて喰ふは、有財我鬼では無いか」
② (金銭も空であるのに、これを有と執することを有財とする仏説による。一説に金銭を所有すること) 金銭を多く貯えていながら、なお餓鬼のような欲深さで物を貯える人。貪欲な人。守銭奴。
※慶長見聞集(1614)九「銭有て用ひざらんは有財餓鬼となつく」
③ 人をののしっていう語。餓鬼。
※浄瑠璃・蘆屋道満大内鑑(1734)二「しやうこりもなきうざいがき」

うんざい‐がき【有財餓鬼】

〘名〙 「うざいがき(有財餓鬼)」の変化した語。
※歌舞伎・法懸松成田利剣(1823)四立「ヤア極悪人の左衛門が、その手下のうんざい餓鬼」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android