コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有馬朗人 ありま あきと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

有馬朗人 ありま-あきと

1930- 昭和後期-平成時代の物理学者。
昭和5年9月13日生まれ。50年東大教授となり,平成元年学長。5年理化学研究所理事長。原子核の集団運動の研究で知られ,5年学士院賞。7年中央教育審議会会長。10年参議院議員(自民党),文相となる。12年日本科学技術振興財団理事長,16年同財団運営の科学技術館館長に就く。山口青邨(せいそん)門下の俳人で,平成8年国際俳句交流協会会長。16年文化功労者。22年文化勲章。大阪出身。東大卒。著作に「原子と原子核」,句集に「天為」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

有馬朗人の関連キーワードボーア(Aage Niels Bohr)モッテルソン

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

有馬朗人の関連情報