有馬玄哲(読み)ありま げんてつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

有馬玄哲 ありま-げんてつ

1581-1665 江戸時代前期の医師。
天正(てんしょう)9年生まれ。有馬凉及の父。京都で曲直瀬玄朔(まなせ-げんさく)にまなび,のち法印をさずけられる。幕府のまねきで江戸に滞在中,徳川頼宣(よりのぶ)にもちいられ紀伊(きい)和歌山藩につかえる。寛文5年7月25日死去。85歳。摂津有馬(兵庫県)出身。字(あざな)は素同。号は索固,瑞庵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android