有馬百鞭(読み)ありま ひゃくべん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

有馬百鞭 ありま-ひゃくべん

1835-1906 幕末-明治時代の儒者,神職。
天保(てんぽう)6年10月25日生まれ。志摩(三重県)鳥羽藩士。儒学安井息軒(そっけん)にまなび,藩校尚志館の句読(くとう)師,のち侍講となる。維新後,伊勢神宮の権禰宜(ごんのねぎ)をつとめた。明治39年5月30日死去。72歳。通称は麿助。号は酔漁。著作に「林仙雑録」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android