コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

服部躬治 はっとり もとはる

1件 の用語解説(服部躬治の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

服部躬治 はっとり-もとはる

1875-1925 明治-大正時代の歌人。
明治8年3月28日生まれ。水野仙子(せんこ)の兄。国学院でまなび,跡見女学校でおしえる。明治26年落合直文のあさ香社の結成に参加。31年久保猪之吉,尾上柴舟(おのえ-さいしゅう)らといかづち会をおこし,新派和歌運動に活躍。大正期には歌壇からとおざかった。大正14年3月6日死去。51歳。福島県出身。歌集に「迦具土(かぐつち)」。
【格言など】かぐつちの血しほやここにたばしりし五百津磐村(いほついはむら)煙わきのぼる(「迦具土」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

服部躬治の関連キーワード三浦貞信香川不抱木村芳雨蕨真佐藤嘲花鈴木寛之助富田良穂原田琴子真下飛泉和島貞二

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone