コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水野仙子 みずの せんこ

2件 の用語解説(水野仙子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

水野仙子 みずの-せんこ

1888-1919 明治-大正時代の小説家。
明治21年12月3日生まれ。服部躬治(もとはる),けさの妹。明治42年「文章世界」に発表した短編「徒労」が田山花袋にみとめられ,上京して指導をうける。44年歌人川浪磐根(いわね)と結婚,同年「青鞜」同人となった。大正8年5月31日死去。32歳。福島県出身。本名はてい。作品集に「水野仙子集」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

水野仙子

没年:大正8.5.31(1919)
生年:明治21.12.3(1888)
明治末から大正初めの小説家。当時女性作家としては,田村俊子と並んでもっとも活躍した。福島県岩瀬郡須賀町の商家服部直太郎の3女。本名服部てい。長兄は歌人の服部躬治。須賀川裁縫女学校在学中から投稿を続け,田山花袋に認められて上京。長姉の死産の様をリアルに描いた「徒労」(1909)で文壇に出る。同門の川浪道三との恋愛,結婚のなかから,男女間の相剋,微妙な心のゆき違い,揺れを「淋しい二人」「神楽坂の半襟」などに描くが,夫の結核に感染し,3年間の闘病生活に死を見詰めた作品を発表する。死後,夫を中心に田山花袋,有島武郎らにより,岸田劉生の装丁で『水野仙子集』(1920)が出され,全76篇の作品中22篇が収められた。

(尾形明子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水野仙子の関連キーワード生田蝶介吉田絃二郎作家小説家どんどん節新津油田小島勗津村京村美川きよ吉丸一昌

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

水野仙子の関連情報