望月亀弥太(読み)もちづき かめやた

  • 望月亀弥太 (もちづきかめやた)
  • 望月亀弥太 もちづき-かめやた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1838-1864 幕末の武士。
天保(てんぽう)9年10月7日生まれ。土佐高知藩士。土佐勤王党にくわわり,五十人組のひとりとなる。藩命により,勝海舟のもとで航海術をまなんだ。元治(げんじ)元年6月5日京都の池田屋で新選組におそわれ,重傷を負って自刃(じじん)。27歳。名は義澄。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1838年10月7日
江戸時代末期の土佐藩士
1864年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android