望月亀弥太(読み)もちづき かめやた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

望月亀弥太 もちづき-かめやた

1838-1864 幕末の武士。
天保(てんぽう)9年10月7日生まれ。土佐高知藩士。土佐勤王党にくわわり,五十人組のひとりとなる。藩命により,勝海舟のもとで航海術をまなんだ。元治(げんじ)元年6月5日京都の池田屋新選組におそわれ,重傷を負って自刃(じじん)。27歳。名は義澄。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

望月亀弥太 (もちづきかめやた)

生年月日:1838年10月7日
江戸時代末期の土佐藩士
1864年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android