コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

望月亀弥太 もちづき かめやた

1件 の用語解説(望月亀弥太の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

望月亀弥太 もちづき-かめやた

1838-1864 幕末の武士。
天保(てんぽう)9年10月7日生まれ。土佐高知藩士。土佐勤王党にくわわり,五十人組のひとりとなる。藩命により,勝海舟のもとで航海術をまなんだ。元治(げんじ)元年6月5日京都の池田屋で新選組におそわれ,重傷を負って自刃(じじん)。27歳。名は義澄。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

望月亀弥太の関連キーワード浅井常次郎酒井伝次郎杉山松介仙田淡三郎寺尾権平原道太樋口良好柳井健次湯川庄蔵渡辺義助

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone