望月市恵(読み)もちづき いちえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

望月市恵 もちづき-いちえ

1901-1991 昭和-平成時代のドイツ文学者。
明治34年1月25日生まれ。立大予科,一高,松山高,信州大の教授などを歴任。マンの「魔の山」,リルケの「マルテの手記」,ゲーテの「親和力」などを翻訳,紹介した。平成3年9月8日死去。90歳。長野県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android