親和力(読み)シンワリョク

化学辞典 第2版「親和力」の解説

親和力
シンワリョク
affinity

化学親和力ともいう.化学変化の起こりやすさ(方向,平衡の位置または反応速度)を決める要素に対して与えられた古典的な語.親和力という語はすでに13世紀から用いられていた.18世紀には親和力として反応物質の量,正確には濃度がまず注目された.C.L. Berthollet(ベルトレ)(1803年)は,ある物質の化学的活性度は濃度のほかに,その親和力に依存するとした.C.M. Guldberg(グルベル)とP. Waage(ウォーゲ)(1864~1867年)は,かれらの質量作用の法則に出てくる定数を,最初,親和力係数とよび,これが親和力の比較の目安になるものとしたが,のちにこの定数を速度係数(現在の速度定数)とよびかえた.また,かれらは質量作用の法則から化学平衡の法則に到達した.一方,J. Thomsen(1854年)とP.E.M. Berthelot(ベルトロ)(1867年)は,多くの熱化学的実験から,反応熱が親和力の目安であり,化学反応は発熱の方向に進行すると結論したが,これが誤りであることは化学的可逆反応で吸熱の逆反応が起こることや,低温で起こらない吸熱反応でも高温で起こることから明らかである.J.W. Gibbs(ギブズ)(1876年)やJ.H. van't Hoff(ファントホッフ)(1886年)は,熱力学第二法則にもとづいて,化学反応は一定温度,一定圧ではギブズエネルギー減少の方向に起こることを明らかにし,また,化学平衡の法則を熱力学的に証明した.しかし,化学反応の速度は化学平衡とは一応別問題である.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典「親和力」の解説

しんわ‐りょく【親和力】

[1] 〘名〙
① 物質同士が化合する際、化学反応の進みやすさを表わす目安。化学親和力。
舎密開宗(1837‐47)内「亜鉛硫酸の親和力は鉛と硫酸の親和力より強きにて」
② 人と人とが互いに親しみ、うちとけようとする力。
※一国の首都(1899)〈幸田露伴〉「自己中心主義の人士は〈〉貴ぶべき人類の親和力の好作用を廃す」
[2] (原題Die Wahlverwandtschaften) 小説。ゲーテ作。一八〇九年成立。エードゥアルトとシャルロッテの(めい)オティーリエの宿命的な愛の悲劇を描く。近代心理小説の先駆とされる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「親和力」の解説

親和力
しんわりょく
Die Wahlverwandtschaften

ドイツ詩人,作家ゲーテの小説。 1809年刊。理想的な夫婦家庭に一人の軍人少女が加わったことから,婦の結びつきが破れ,夫と少女,妻と軍人という2組の新しい感情的結合が生じ,夫と少女は情熱におぼれた末,結局死にいたる。この情熱の悲劇を,化学現象との類比で親和力というからとらえた注目すべき作品。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の親和力の言及

【力】より

…ギリシアでは古くエンペドクレスが,物質混成における支配原理としてこの2力を立て,プラトンは相異なるものどうしの間の引力を,アリストテレスは逆に相似るものどうしの間の引力を措定している。古代中国でも《周易参同契》など錬金(丹)術文献に同様の着想が登場することからもわかるように,こうした物質どうしの選択的な〈親和性〉もしくは〈親和力(引力)〉という概念は,その逆も含めて,錬金術的な自然学の中で永く生き続ける。ヨーロッパのルネサンス期以降,新プラトン主義やヘルメス思想に受け継がれたこの概念は,物質間の選択的な作用の説明に欠かせないものとなり,ニュートンも〈sociability〉という語でこの概念を利用している。…

※「親和力」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android