望月桂軒(読み)もちづき けいけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

望月桂軒 もちづき-けいけん

1835-1908 明治時代の書家,茶人。
天保(てんぽう)6年生まれ。中島棕隠(そういん)の塾でまなぶ。藤田組にはいって広島にすみ,のち大阪,京都にうつる。茶は10代藪内紹智(やぶのうち-じょうち)の門人。古書画,刀剣の鑑定も得意とした。明治41年10月26日死去。74歳。丹波篠山(ささやま)(兵庫県)出身。本姓は岡村。名は允武。字(あざな)は子文。別号に紹及。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android