藤田組(読み)ふじたぐみ

百科事典マイペディアの解説

藤田組【ふじたぐみ】

1881年組合組織で設立され,藤田伝三郎の興した事業を経営(1893年合名会社)した企業。長州閥,とくに井上馨と結びついて土木事業や軍事物資調達で巨利を成した一種の政商で,1878年には藤田組贋札事件で取調べを受けた。事業範囲は鉱・工業,林業,商事,金融など広範にわたったが,1884年払下げの小坂鉱山をもとに拡大していった鉱山が主事業となった。第1次大戦時の好況には藤田銀行の設立,鉱山部門を藤田鉱業として分離するなどコンツェルン化をはかったが,戦後の不況で経営難となり,1937年藤田鉱業と合併,1945年同和鉱業と改称した。
→関連項目久原房之助同和鉱業[株]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふじたぐみ【藤田組】

1881年1月に藤田伝三郎を社主として,その実兄藤田鹿太郎,久原庄三郎の3名が出資して設立された企業。伝三郎は長州出身,酒造業者の四男として生まれた。1869年(明治2)に大阪で兵部省用達業,土木建築業に着手し,77年より上記3兄弟によって藤田伝三郎商店を組織し,市ノ川鉱山への投資なども行っていた。この事業は井上馨の先収会社大阪支店の事業を継承したもので,西南戦争では軍靴,糧米などの軍用物資調達で巨利を収めた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤田組
ふじたぐみ

1869年(明治2)藤田伝三郎が大阪高麗橋(こうらいばし)通二丁目に創設した組織に始まる。西南戦争で、軍靴、被服、糧米を売買して巨利を博した典型的な政商で、77年には実兄藤田鹿太郎(しかたろう)、久原庄三郎(くはらしょうざぶろう)らと共同経営を試み、藤田伝三郎商社と改称、関西財界に台頭した。79年にいわゆる藤田組贋札(がんさつ)事件で、幹部が検挙されたが、81年1月には資本金6万円の藤田組に改組した。84年8月には秋田県小坂鉱山の払下げを受け、以後、農林業や岡山県児島(こじま)湾の干拓・開墾にも着手して事業を拡大した。小坂鉱山は97年の金本位制実施による銀価暴落や物価・労賃の上昇により危機にみまわれたが、自溶製錬法の導入でこの危機を克服、干拓事業も、日露戦争時には第一区工事総面積370町歩の造成を完了した。1905年(明治38)12月、藤田組は伝三郎を中心とする兄弟会社から、伝三郎父子の親子会社に経営を転換させた。17年(大正6)には鉱業部門を藤田鉱業として独立させ、新たに機関銀行藤田銀行を設立して、藤田組は持株会社となったが、37年(昭和12)には藤田鉱業を合併して株式会社藤田組となり、45年(昭和20)12月に同和鉱業株式会社と改称した。[加藤幸三郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android