コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

望月長好

美術人名辞典の解説

望月長好

国学者・歌人。通称四郎右衛門、名は重広・兼友・長孝。号は小狭野屋・桂雲・閑入軒。信濃佐知久郡生、京都住。松永貞徳門人。晩年京都西郊広沢の池畔に隠棲し広沢と称した。著書に『広沢輯藻』『桂雲集類題』等がある。天和元年(1681)歿、63才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

朝日日本歴史人物事典の解説

望月長好

没年:天和1.3.15(1681.5.3)
生年:元和5(1619)
江戸前期の歌人。名は重公,長孝,兼友。号は水蛙,広沢隠士,小狭野屋。信濃源氏の出で家は裕福だったと伝えられる。13歳で初めて和歌を詠み,松永貞徳の門に入り,貞門において重要な地位を占める。27歳から貞徳の伝授を受け始め,『伊勢物語秘訣』『八雲神詠秘訣』『百人一首秘訣』『源氏物語極秘之趣』などを次々に受伝した。宮廷歌人飛鳥井雅章との交遊もあり厚遇されたという。40歳で剃髪し,京都嵐山東の広沢池畔に小狭野屋なる庵を結んで隠居,詠歌と歌学研究に没頭した。出版を好まず,著作は少ない。家集に『長好師家集』がある。<参考文献>日下幸男「望月長孝年譜稿」(『国文学論叢』26号)

(飯倉洋一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android