朝に道を聞かば夕べに死すとも可なり(読み)アシタニミチヲキカバユウベニシストモカナリ

  • =聞(き)いて
  • あした
  • に 道(みち)を=聞(き)かば
  • 夕(ゆう)べに死(し)すとも可(か)なり
  • 朝(あした)に道(みち)を聞(き)かば夕(ゆう)べに死(し)すとも可(か)なり

精選版 日本国語大辞典の解説

(「論語‐里仁」の「子曰、朝聞道、夕死可矣」による) 朝に道を聞いて会得したなら、その晩死んでも心残りはない、の意で、道(真理)のきわめて重要なことを強調した句。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ことわざを知る辞典の解説

朝、人間の生きるべき道を聞いて会得することができたならば、夕方死んでも心残りはない。道(真理)の重要なことを強調した

[使用例] あしたに道を聞かばゆうべに死すともなりというのと僕の願いとは大いに意義を異にして居るけれど[国木田独歩*牛肉と馬鈴薯|1901]

[解説] 「論語―里仁」にあることば。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

故事成語を知る辞典の解説

朝、人間の生きるべき道を聞いて会得することができたなら、夕方死んでも心残りはない、ということ。

[使用例] 朝に道を聞かば夕に死すとも可なりというのとねがいとは大に意義を異にして居るけれど、その心持は同じです[国木田独歩*牛肉と馬鈴薯|1901]

[由来] 「論語―里仁」の孔子のことば。真理の追求の重要さと、それにかける情熱を強調したことばとして、知られています。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android