コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝倉元景 あさくら もとかげ

1件 の用語解説(朝倉元景の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朝倉元景 あさくら-もとかげ

?-1505 室町-戦国時代の武将。
朝倉孝景(たかかげ)(英林宗雄)の子。異母弟朝倉教景(のりかげ)(以千宗勝)を殺害して越前(えちぜん)(福井県)をさり,京都の細川政元につかえる。文亀(ぶんき)3年朝倉景豊(かげとよ)とともに宗家の朝倉貞景(さだかげ)に謀反をくわだてるが露見し,景豊は自刃(じじん)。翌年越前に侵攻するが敗れた。永正(えいしょう)2年4月4日死去。初名は景総(かげふさ)。通称は孫五郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝倉元景の関連キーワード木幡雅遠激・戦国無双戦国無双KATANA戦国無双Chronicle曾我元助多賀谷尊経武田信昌千葉興常千葉胤資東常和

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone