コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝倉孝景 あさくらたかかげ

7件 の用語解説(朝倉孝景の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朝倉孝景
あさくらたかかげ

[生]正長1(1428).越前
[没]文明13(1481).7.26. 越前
戦国大名。家景の子。弾正左衛門尉,さらに敏景とも称し,入道して英林宗雄。越前守護斯波氏の3家老の一人となり,長禄2 (1458) 年,斯波氏の内紛に乗じ,守護代甲斐氏を討って越前を領し一乗谷に築城して朝倉氏繁栄の基礎を築いた (→一乗谷城 ) 。応仁の乱では,初め斯波氏の将として西軍に属し,京極持清らに対したが,のち東軍に転じた。文明3 (71) 年,越前守護となり,斯波氏および甲斐氏らを討ち,17ヵ条から成る家訓を定めて内政の充実をはかった。 (→朝倉孝景条々 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あさくら‐たかかげ【朝倉孝景】

[1428~1481]室町中期の武将。敏景(としかげ)ともいう。斯波(しば)氏に仕えていたが、内紛に乗じて越前を領し、一乗谷(いちじょうだに)に築城。応仁の乱で斯波氏に代わって越前守護となった。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

朝倉孝景【あさくらたかかげ】

越前(えちぜん)国の戦国大名。教景・敏景とも称した。家景の嫡子。越前守護斯波(しば)氏の三家老の一人。主家の内紛に乗じて越前の支配を確立,一乗谷(いちじょうだに)を本拠として戦国大名に成長。
→関連項目一乗谷杣山城

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

朝日日本歴史人物事典の解説

朝倉孝景

没年:文明13.7.26(1481.8.21)
生年:正長1(1428)
越前(福井県)の戦国大名。家景の子。通称小太郎,のち孫右衛門尉。弾正左衛門尉。名前は敏景,教景,孝景と変えたが,敏景の前は教景を名乗っていたと推定される。長禄3(1459)年に斯波氏家臣最大の実力者甲斐常治が死んで以後は,幕府から越前守護代に任じる案が出るほど朝倉氏の威勢は高まっていた。応仁の乱では当初甲斐氏と共に斯波義廉を奉じて山名宗全率いる西軍に属し,数々の軍功をあげ武名をはせた。しかし,文明3(1471)年,越前守護代任命を条件に公然と細川勝元方の東軍に転じる。その後越前各地で甲斐氏と戦って翌年これを加賀(石川県)に追い,同7年には大野郡で抵抗を続けていた二宮氏を破ってほぼ越前を制圧した。しかし同11年,斯波・甲斐・二宮連合軍が越前に侵攻し,在陣は2年近くにもおよんだ。孝景の病没はこの対陣中のことであった。公家甘露寺親長は「天下に悪事の始まった張本人」としてその死を喜んでいる(『親長卿記』)。「朝倉孝景十七箇条」は能力主義,合理主義をうたい戦国大名の政治思想をよく伝えているが,孝景が制定したという確証はない。『朝倉宗滴話記』には,孝景が慇懃をもって国を治めたこと,恩賞は家臣に広く与えたこと,武芸を大切にしたことなど末子宗滴による賛辞が語られている。連歌,和歌,蹴鞠などにも長じ,心月寺(福井市)に残る画像は朝倉氏中興の祖の風貌をよく伝えている。

(河村昭一)

朝倉孝景

没年:天文17.3.22(1548.4.30)
生年:明応2(1493)
越前(福井県)の戦国大名。貞景の子。通称孫次郎。弾正左衛門尉。永正9(1512)年父の死により家督を継ぐ。翌年,近江(滋賀県)に出兵し,大内・細川両氏に実権を奪われ甲賀にあった将軍足利義尹(義稙)の帰京を助け,その後もしばしば近隣諸国に兵を送っている。また朝廷に多額の即位料や内裏修理料を献じたりしていることもその国力の充実ぶりを示すものであるが,この間に孝景は,白傘袋,毛氈鞍覆や塗輿を許され,有力守護大名と並んで相伴衆(室町幕府の職名)に列せられるなど栄誉に浴している。天沢寺など父祖の菩提寺や自分の菩提寺性安寺を創建し,和歌,蹴鞠などにも傾倒した。その城下町一乗谷(福井市)には多くの文化人が訪れている。

(河村昭一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

あさくらたかかげ【朝倉孝景】

1428~1481) 室町時代の武将。教景のち敏景、さらにそのあと孝景を名乗る。斯波しば家の三老臣の一人。応仁の乱には初め西軍、のち東軍に転じ、1471年越前守護となり、一乗谷に築城。
1493~1548) 戦国大名。越前守護。一乗谷四代城主。領国は富裕で朝廷に絹一万匹を献上した。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

朝倉孝景
あさくらたかかげ
(1428―1481)

戦国大名。初め斯波(しば)氏の重臣、守護代であったが、のち、戦国大名越前(えちぜん)(福井県)朝倉氏の初代となる。教景(のりかげ)、敏景(としかげ)ともいう。応仁(おうにん)の乱(1467~1477)のとき、当初西軍斯波義廉(よしかど)に従い、東軍の斯波義敏(よしとし)を攻めるなど西軍の猛将として活躍したが、将軍足利義政(あしかがよしまさ)、管領(かんれい)細川勝元(かつもと)の誘いに応じ東軍に寝返り、1471年(文明3)主家斯波氏から越前の支配権を奪取した。福井市心月(しんげつ)寺に伝わるその画像(国指定重要文化財)は、一代の英雄のおもかげをよく伝えている。また「朝倉敏景十七箇条」(孝景条々)は、台頭する戦国大名の合理的なものの考え方を示し、戦国家法として著名である。文明(ぶんめい)13年7月26日没。法名英林宗雄。[水藤 真]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

朝倉孝景の関連キーワード正長後花園天皇称光天皇称光天皇北畠満雅土一揆(つちいっき)朝倉孝景足利義持応永北畠満雅

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

朝倉孝景の関連情報