コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝倉文三 あさくら ぶんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朝倉文三 あさくら-ぶんぞう

1863-1935 明治-昭和時代前期の医師。
文久3年9月3日生まれ。2年間のドイツ留学後,明治30年帰国し東京に朝倉病院をひらく。45年日本泌尿器病学会を創立,会長となる。のち東京慈恵医大教授。昭和10年2月2日死去。73歳。上野(こうずけ)(群馬県)出身。帝国大学卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝倉文三の関連キーワード山中貞雄斎藤寅次郎成瀬巳喜男日本浪曼派五所平之助島津保次郎清水宏グリュクスボー朝グリュックスボー朝稲垣浩

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android